スポンサーサイト

少しずつ

このページのトップへ
 後から修正や削除ができます。
 管理人への非公開コメントとして投稿。

うっちー様 こんばんは。

先日のコメントに書き忘れたのですけれどわかばちゃん、
エリザベスカラー、無しなんですものね。
自分で傷口舐めて抜糸をしてしまわないか心配していました。

でも、かえってカラーが無いから風ちゃんも幸ちゃんも優しく
毛繕いをしてくれるのかも知れませんね。

うっちーさんに甘えるの、傷が治って台風娘に戻っても
そのままのような気がしますよ。
なんとなくですけれど・・・。
千葉への帰省とかで少しずつ縮まった距離がゼロに近づいて
今回の手術、入院でみんなの絆ががっちりのような気がしてます。

Comment by: Megu  | 2010年 03月06日 | 編集

ME

Meguさん こんばんは

いつもお世話になっている病院の方針らしいんですが
基本的に避妊・去勢くらいの場合にはエリザベスカラーはつけないんですよ。
先代のウサギの銀次郎の去勢手術の時に聞いたんですが
「カラーを付けることでかえってストレスになるし、野生の動物も傷を舐めて治すでしょ」ですって。
ただ、カラーを付けていない分、飼い主さんがよく気を付けるように とは言われています。
避妊手術も基本的に1泊入院なんですが、あまりにもストレスがかかっているようだったら、当日の遅くに(容態が安定していたらですが)退院させて、自分の家で養生させるそうです。

わかばもあんまり傷は気にしていないですね。
一昨日くらいまでは傷口が痛むのか、タワーに登る時にジャンプではなく「よじ登る」って感じでしたよ。

きっとカラーを付けていたら、風ちゃんと幸ちゃんはおびえちゃうんだろうな(笑)

幸ちゃんは最初っから人懐こかったですが、わかばみたいに用心深い子だと、ちょっと距離が縮まるだけでとっても嬉しいです。

Comment by: うっちー  | 2010年 03月07日 | 編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。